ブログ一覧


エアコンの室外機からの水漏れ、これって故障?自分でできる対処法

室外機 ドレンホース

エアコンの室外機から水が出るのはなぜ?そのままでも大丈夫?

この記事を読むための時間:3分

エアコンを稼働させている時に室外機から水が出ていると「壊れたのかな?」と心配になりますよね。室外機から水が出ることで床が濡れて汚れるのも気になります。この記事では室外機から水漏れする理由や対応方法について見ていきます。

エアコンの室外機から水が出る理由

実はエアコンの室外機は稼働している時に水が排出されるような仕組みになっていて、室外機や室内機が壊れたわけではないのです。冷房や暖房を使うと水漏れする2つの理由を解説します。

空気に含まれる水蒸気

エアコンの室外機は室内機とつながっていて、その間を冷媒ガスが循環して熱を運んでいます。冷房の場合には部屋の暖かい空気の熱を冷やして冷風を出すのですが、空気の温度が下がる時に冷たいコップに水滴が着くような感じで水蒸気が発生します。発生した水蒸気はホースを通って室外機から水が出るのです。

霜取り運転

暖房中は冷媒ガスによって熱を室内機に送って暖かい空気を部屋の中に出しています。しかし、氷点下を下回るような寒さの時や吹雪の時などに暖房が効かなくなってしまうことがあるのです。そうならないように、エアコンには自動的に「霜取り運転」という機能が付いています。霜取り運転では、外気温よりも冷たくなっている「熱交換器」に外気中の水分が付いて凍ってしまったものを溶かすために、室内に送っていた熱を室外機に送るという動きをします。すると、凍った水分が解けて水として室外機から排出されるのです。

エアコンの室外機から出る水を排水する方法

エアコンの室外機は水が出るものとはいえ、地面が濡れたりベランダの床が水浸しになるのが気になる場合には困りますよね。そんな時には室外機からの水をうまく排水溝に流すために、ドレンホースを接続することをおすすめします。エアコンの設置の時に一緒に接続するのがベストですが、後からでも大丈夫です。室外機の排水口にドレンホースを接続すれば、水をスムーズに排水できるようになります。室外機周りがベチャベチャになるというトラブルも解決します。

エアコンの室外機の水漏れの原因がドレンホースにある3つの可能性

室内機からスムーズに排水するために付けているドレンホースが水漏れの原因になってしまっては本末転倒です。ではドレンホースが原因で発生する水漏れの3つの可能性を見ていきましょう。

詰まっている

ドレンホースは屋外に設置してあるので、外からゴミや虫が入ってしまうことがあります。それらが詰まると室外機からの水を外に出すことができなくなってしまい、場合によっては室内機に流れ込んでしまうことも。定期的にドレンホースの中にゴミが詰まっていないか確認をしたり、ゴミや虫が入らないようにドレンホースの先に専用のキャップを付けて詰まらないようにしましょう。

壊れている

ドレンホースは雨風にさらされ日光を浴びているため経年劣化で傷んでしまうことがあります。ホースが壊れてしまうと室外機からの水をスムーズに流すことができなくなって、周りが濡れてしまうので、長く使っているドレンホースは壊れていないか確認をして、傷んでいれば交換をすることをおすすめします。

たるみ

ドレンホースの中がたるんでいると、水がうまく排水されず途中で溜まってしまいます。そのままにしていると、水が逆流してしまって室内機から水漏れすることになるため対処が必要です。エアコン修理のプロに相談をして、スムーズに排水できるドレンホースに交換しましょう。

エアコンの室外機は水が出るのが正常

エアコンは熱を交換して空気の温度を変えることによって、部屋の中を夏は涼しく冬は暖かくしてくれます。だから、空気の温度が変わることで空気中の水蒸気が冷やされるので、水が出るのは正常です。ドレンホースを活用して、室外機の周りが濡れたり床が汚れたりするのを防ぎましょう。

 

 

 

86電工ではお客様に寄り添ったサービスを展開中!

エアコン工事からハウスクリーニングまで

お任せください!

 

気になる方はLINE友達登録!

⬇︎友だち追加

ただいまLINEでは2000円以上安くなるクーポン配布中!

 

クーポンについてはこちら!

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2020 86電工. All rights Reserved.