ブログ一覧


エアコンクリーニングのオプションについて③

今回ご紹介するのはこちら

 

『ドレンホース洗浄』

 

 

 

エアコンになくてはならない存在なのに

取付けた時以降、気にすることって

今まであまりなかったんじゃないでしょうか?

 

 

そんなドレンホースにまつわる

放っておくとちょっと怖くなるお話…。

 

 

 

冷房使用時に室内機で大量に発生する結露

この結露の流れるルートになるドレンホースですが

長年使用したドレンホースは思っている以上に汚れが溜まっています

 

その汚れ度合いのチェックは簡単ですのでお試しください

 

①ドレンホースの先端が緑やピンク色に変色している

②伸びているドレンホースを持ち上げた際にずっしりとした重みを感じる

③先端を地面につけた状態で根元を持ち上げると、水以外の何かが出てくる

 

一つでも当てはまったら要注意

 

皆様の気付かないうちに、その内側ではバクテリア等の細菌が大量に発生しているんです

 

 

 

勾配が緩く横に伸びている部分

 

 

 

配管の取り回しなどで仕方ない所はあるのですが

ドレンホースの構造上そのジャバラ部分に

流れ切れなかった水が溜まってしまいます

エアコンで冷房・除湿運転を多く使う梅雨~夏などは

ドレンホース内が完全に乾燥するタイミングがほぼ無いので

細菌は常に繁殖し続けれる状態になってしまっています

そしてその細菌が増えすぎると得体の知れないゼリー状の物体

ドレンホース内で生成されてしまうのです

 

そのゼリー状の物のサイズが大きく膨らんでしまうと

水が通る隙間がなくなってしまい室内機から水漏れを起こしたり

暖房を使う冬~春の時期は結露が発生せず

ゼリーだったものが濃縮し乾燥されてしまうため

室内機から異臭がするようになってしまいます

 

そしてその異臭…

 

黒くてすばしっこい『G』を引き寄せる原因になっているかもしれませんよ?

 

そんな事態になる前に、ドレンホースも洗浄して

防虫キャップで対策を取りましょう!

 

 

 

いかがでしたか?

 

 

ドレンホースの劣化が酷い場合は洗浄時に破損してしまう可能性もございますので

予めご了承の程宜しくお願い致します。

 

また、エアコンクリーニング施工時以外でのドレンホース洗浄は

効果が著しく下がってしまうため対応致しかねます。

 

見えてる所で接続可能な強度が残っていれば

ドレンホースの交換も対応可能ですので、ぜひ一度ご相談ください

 

 

 

夏に虫などがドレンホースから上がってこないよう、早めの対策を取っていきましょう!

 

 

 

エアコンクリーニング・工事のご依頼は

⇒お問い合わせ⇐

よりお待ちしています

 

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2020 86電工. All rights Reserved.