ブログ一覧


エアコンでペットの体調管理と暑さ対策を

エアコンが効いた部屋で寝ている猫

エアコンを使ってペットの体調管理をしよう

この記事を読むための時間:3分

近年、かつての日本で感じられていた『季節感』に変化が起きています。雪が降る季節に気温が急上昇したり、秋が深まる紅葉の時季に猛暑になったり。季節に関係なく、気温が上ったり下がったりするため、衣替えのタイミングさえもわからない状況です。そんな今だからこそ、自宅で待つペットの体調にも気を配りたいもの。ここではエアコンを使ったペットの環境管理を掘り下げていきます。

夏だけじゃない?気温の上昇が深刻な結果を招くことも

家を出るときには、ブラウス1枚で過ごせそうな気持ちのよい気温だったのに、急激に夏のような暑さになる…そんなことが当たり前になった今、室内で飼っているペットの環境も、予測してコントロールすることが難しくなってきました。室内に残されたペットはじっと我慢をするしかありません。そのため、熱中症など、体調に何らかの変化が生じてしまっても、外出先の飼い主にその状況はわからないのです。

 

だからこそペットのための空調管理には、細心の注意を払う必要があります。どんな季節であっても、気温の上昇で大切なペットが苦しむことのないよう、エアコンを使って一定の温度をキープするよう心がけましょう。

エアコンは稼働中…その他ペットを守る対策とは?

ペットの熱中症対策に、外出する際にはエアコンをつけっぱなしというご家庭も増えてきました。締め切った部屋に熱せられた空気がこもると、外よりも室内の気温の方が高くなることがあります。エアコンの冷房で室内の気温を一定に保つことは、ペットの熱中症対策に大変効果的です。しかし、他にもペットにしてあげられることはないのか?と考える飼い主さんもいるのではないでしょうか。

 

体中を毛で覆われている犬や猫などのペットが、くたくたになったぬいぐるみのように、床にベターッと寝そべる姿はかわいいものです。しかし、ざぶとんやクッション、ファブリックのソファーなどよりも床が冷たいということを知っているからこそ、その場所を選んでいる場合もあるのです。そんな暑がりさんのために、ペット用の様々な冷却グッズが市販されています。保冷剤の入ったジェルマットもそのひとつ。

 

ただし、噛み癖があるペットには、アルミや石などの嚙み切れない素材の板もありますし、エクステリア用の大理石の板でも代用可能です。また、首に巻くバンダナや、着脱が簡単なベストなどのクール素材の洋服も人気ですが、留守番が長時間に及ぶ場合は逆に暑くなることもありますので注意が必要です。その他、大切な水分補給のために、水を複数カ所に設置することも有効です。

外出中もエアコンはつけっぱなし、電気代はどうなる?

ペットのためにエアコンをつけたまま外出して帰宅しても暑い場合には、丸一日エアコンをつけっぱなしにすることになります。そうなると、電気代が跳ね上がるのではないかと不安になってしまうもの。しかし、エアコンはスイッチを入れて稼働し始めてから室温を設定温度まで下げる(または上げる)ときに、もっとも電力を使います。そのため、小まめにつけたり消したりを繰り返す方が、電気代がかかってしまうのです。逆に自動運転にして一定の温度に保っていれば、電気代もさほどかかりません。

まとめ

最近は、季節に関係なく気温が急上昇することが増えました。犬や猫などのペットを飼っている人は、外出の際、自宅で留守番をしているペットの環境に細心の注意を払う必要があります。エアコンをつけっぱなしにして、室内を一定の温度に保つのは基本中の基本。その他、ペット用の冷却グッズを揃えたり、大切な水分は複数の場所に設置したりと、できることは色々あります。

 

エアコンのつけっぱなしで気になる電気代は、つけたり消したりを小まめに繰り返すよりも経済的ですのでご安心を。私たちは大切な家族であるペットを守る義務があります。後で後悔することのないよう、できる限りのことをしてあげましょう。

 

 

86電工ではお客様に寄り添ったサービスを展開中!

エアコン工事からハウスクリーニングまで

お任せください!

 

気になる方はLINE友達登録!

⬇︎友だち追加

ただいまLINEでは2000円以上安くなるクーポン配布中!

 

クーポンについてはこちら!

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2020 86電工. All rights Reserved.